加圧レギンス。太すぎて履けない!大きめサイズを選んで解決

 

 

加圧レギンスや着圧ソックスで脚を細くしたいけど、

 

そもそも脚が太くてそれすらも履けない!

 

 

 

そんな風に思っている方いるのではないでしょうか?

 

 

安心してください!

 

 

世の中には大き目サイズの着圧レギンスがたくさん存在します。

 

 

 

また、履くときのコツをつかめばきつくて履けないと思っていたものでも意外と履けたりするものです。

 

 

 

ということで、

 

・大き目サイズの着圧レギンス

 

・履き方のコツ

 

の2つの項目にわけてお話していきます。

 

 

 

 

 

大きいサイズも売っているのはどこのメーカー?

 

おすすめは!

 

セシール「アシスキットR」

 

お値段は 1,069円 とかなりお手頃!

 

 

セシールはもともとM〜3Lまで取り扱いがあったのですが、

 

現在さらに「plump」というふくよかな女性向けのラインもあるようです。

 

 

ここではL〜10Lまでのサイズが取り扱われています。

 

 

よくある、Mサイズ、Lサイズの着圧レギンスでは
履けるかどうか不安という方にも安心して選んでいただけます。

 

 

 

素材:綿65%、ナイロン30%、ポリウレタン5%

 

綿混素材ですのでとても肌触りが良く、吸湿性や通気性にも優れています。

 

ナイロン・ポリウレタン素材のみの化学繊維タイプよりかなり着心地はいいでしょう。

 

 

 

カラー:ピンク、チャコールグレー、ミストブルー、ブルーラベンダーなどなど。

 

女性らしいものがそろっており気分も上がりそうです。(日中用は使いやすいブラックあり)

 

 

 

販売元が大手のセシールですので

 

品質などの面でも安心です。

 

かなりお安いですし1度だまされたと思って試してみてください♪

 

 

 

 

 

きつくても上手に履くには??

 

着圧レギンスやストッキング、みなさんはどうやって履いていますか??

 

ただ引っ張り上げているだけ!

 

という方がいらっしゃいましたら今から簡単なコツを紹介するのでぜひお試しください♪

 

 

 

 

@ウエスト部分からつま先までを両手でたぐりよせるようにしてまとめて持ちます。

 

ニーハイソックス型の着圧インナーでも同じようにします。

 

 

 

A片足ずつつま先から足を入れます。つま先から踵にかけてゆっくり合わせていきます。

 

 

 

Bレギンスを左右交互に揺らすようにしてゆっくり上へ引き上げます。

 

こうすることで偏った摩擦が減り綺麗に履けます。

 

 

 

C股下に無駄な空間が生まれないようにヒップ部分を手で広げながらウエストまで上げます。

 

 

 

Dつま先から上まで網目へのテンションが均一になっているかチェック♪

 

 

 

 

これだけです♪

 

 

少しのことで履くときのストレスを軽減できるかもしれません。

 

 

 

また上手く履けていなくて、加圧する位置がずれていると

 

効果がでなかったりするのでお気をつけ下さい!